平成25年度に約14万匹もの犬猫が殺処分されています(平成25年度の統計資料より)。それは毎日なんと380匹以上にもなります。
HOMEHOME
ワンちゃんの終身お預かりワンちゃんの終身お預かり
ネコちゃんの終身お預かりネコちゃんの終身お預かり
ワンちゃんの飼い主様募集ワンちゃんの飼い主様募集
ネコちゃんの飼い主様募集ネコちゃんの飼い主様募集
犬猫の里親になるには犬猫の里親になるには
一時お預かりのご案内一時お預かりのご案内
ご寄付のお願いご寄付のお願い
支援物資のお願い支援物資のお願い
お問い合わせお問い合わせ

  • HOME
  • >
  • JCDLについて

ごあいさつ

 

明日保健所に連れて行かれる所を

明日保健所に連れて行かれる所を
代表がレスキューしたコチョコと。

 
急性リンパ性白血病のJCDL看板犬ウ

急性リンパ性白血病のJCDL当時の看板犬ウ
ィッシュボーン君を看病する代表。

 

 
私達は、動物愛護福祉とワンちゃんとの共生を推進するための新しい動物愛護市民団体『ジャパン・ケイナイン・ディフェンス・リーグ(JCDL)』を運営しています。
本部シェルター京都府亀岡市(箕面から車で約20分)、吹田市にございます。
 
ワンちゃんは生涯の伴侶、一生の友人です。
家族の一員として生涯責任を持ってともに暮らしていくものだと考えます。
 
現在、日本では約14万頭もの動物が行政によって殺処分されています。
私達は殺処分ゼロになるまで活動を続けます。
 
社会の中で最も弱者である物言わぬワンちゃん達を守ることとし、子供達やお年寄り・障害者の方などの社会的弱者をも守れる思いやりのある風潮が世の中に根付くことと考えます。 「動物の福祉の延長線上には人の福祉がある」という理念の元に日夜寝食を忘れるくらい頑張っております。
 
皆様の御賛同、ご支援を心よりお願い申し上げます。

 
 
JCDLについて
  •  
  • 主催団体名
  • ジャパン ケイナイン ディフェンス リーグ
  • Japan Canine Defence League (JCDL)
Line
  • 飼育管理シェルター
  • 本部シェルター(京都府亀岡市)、大阪

 

Line

 
 
事業所名称:動物愛護市民団体JCDL
事務所:京都府亀岡市西別院町柚原北谷36-3
動物取扱業の種別:販売・保管・譲受飼養
登録番号:京都府登録 第040110-1号・第040110-2号・第040110-7号
登録年月日:平成27年8月12日
登録有効期限末日:平成32年8月11日
動物取扱責任者:常駐



JCDLの名前の由来
  • イギリスのNCDL(National Canine Defence League)は、ワンちゃんだけを保護する福祉施設としては、イギリス国内最大の保護団体です。
  • その伝統と格式あるNCDLの様な愛護団体を日本にも、という思いで「JCDL」と名付けられました。
  • ※NCDLは現在、「ドッグストラスト」と改名しています。


JCDLの活動資金
  • JCDLは皆様方の善意の御寄付を基に活動を行なっております。
  • JCDLの活動に御協力いただいた皆様にこの場をお借りしまして心より感謝御礼申し上げます。

 

JCDLの目指すこと
  • *国内の捨てられたり、迷子になったり、望まれなく出生したり、虐待されたりしたワンちゃんをレスキューして、リハビリをし、新しい家族を探します。
  • *教育や日本国内の動物福祉に関する問題について、市民の意識を高めることによって、よりよい動物のケアの仕方、扱い方、理解の仕方を奨励します。
  • *望まれない動物の数を減らすために、去勢・避妊手術の実施を奨励します。
  • *ペットの終身お預かり制度、一時お預かり制度の拡充を図ります。
  • *犬猫の譲渡会やインターネットを通じて新しい御家族様を探します。
  • *望まれない動物が生まれることを防ぐために、去勢・避妊手術を奨励し、啓発する活動を提携動物病院と行います。
  • *よりよい動物のケアや理解の仕方についての教育啓発活動を推進いたします。
  • *正しいしつけを奨励し、適正な飼育管理の普及に努めます。
  • *現行の動物愛護法の強化と、より有効な愛護法の制定へ向けてのロビー活動を推進いたします。
  • *保護した犬猫にドッグラン・専用キャットハウス等でのオフリード放し飼いで、自由な生活を与えます。

 


     ※御来所の際は2~3日前までに事前連絡の上、日程・時間調整のご予約を必ずお願い致します。
    直前にご連絡頂いてもご希望日程にそえない場合がございますのでご了承下さいませ。



 
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら